THINK ZERO MAGAZINE

Creative Edge School Books


臨時のお知らせ

 

セミナーで使用したスライドのPDFファイル

「スマホコミックを作ろう!」の一般公開について

2015年5月にリリースした「スマホコミックを作ろう!」(販売終了)の一般公開を準備中です。講座で使用しているアプリケーションソフトのバージョンが古いため、注意点などを追加しています。Twitterの公式アカウントおよび、こちらのページでお知らせします。


投稿日:2016年6月7日(火)


Museセミナー(5月23日)の参加者の皆さんへ

5月23日(月)に秋葉原UDXで開催されたMuseセミナー(中級編)で使用したスライド資料、およびサンプルデータ(Museデータ)をダウンロードすることができます。以下のページをご覧ください。


投稿日:2016年5月27日(金)


デジタルクリエイティブの追加コンテンツ

追加コンテンツは、一部をYouTubeでも公開していますが、素材データ(レッスンデータ、完成データなど)は専用ページからダウンロードしてください。詳細は、このページの[デジタルクリエイティブ]をご覧ください。


投稿日:2016年5月20日(金)

一人出版社のコンテンツ

 

「Animete CC 2015 デジタルクリエイティブ入門」のカバーグラフィック

Animete CC デジタルクリエイティブ入門[基礎編]
HTML5 Canvasのコンテンツ制作を習得しよう!

Adobe Animate CC の基礎を習得するための学習コンテンツです。タイムラインを使ったHTML5 Canvasコンテンツの作成方法を習得するためのカリキュラムになっています。

Animeteで作成したCanvasコンテンツをMuseやDreamweaverで使用する方法も学びます。


 

Muse CC 2015 導入ガイド[中級編]のカバーグラフィック

Muse CC 2015 導入ガイド[中級編]
マウスドラッグだけでつくるレスポンシブWebデザインのワークフロー

Muse CC 2015 導入ガイドの[固定幅編][可変幅編]の続編です。パブリッシュ(HTML書き出し)の注意点やアクセシブルなページ制作、効率よくレスポンシブWebデザインに取り組むための実践的な手法などを学びます。


 

シンクゼロマガジンニュースレターのカバーグラフィック

シンクゼロマガジン・ニュースレター

最先端のテクノロジー、デジタルクリエイティブ、教育、AI(人工知能)やロボティクスに関連した国内外のニュースを厳選。ニュースの裏側を読み解き、高校生でも理解できるように豊富な図解で解説します。

昨年リリースした「Apple Robotics[アップル・ロボティクス]アップルがロボットを製造する日」のような論考中心の内容です。

プランニングシートの画像


「シンクゼロマガジン・ニュースレター」は、配信日にTHINK ZERO MAGAZINE(シンクゼロマガジン)に同時掲載されます。


 

Muse CC 2015 導入ガイド[可変幅編]のカバーグラフィック

Muse CC 2015 導入ガイド[可変幅編]
マウスドラッグだけでつくるレスポンシブWebデザインのワークフロー

Muse CC 2015 導入ガイド[固定幅編]の続編です。[固定幅編]では、固定レイアウトによるアダプティブデザインを学習しましたが、[可変幅編]では本格的なレスポンシブデザインを習得するカリキュラムで構成しています。
[固定幅編]で基礎を習得された方が対象になっています。


ツールマップの写真


 

「一人出版社のつくり方」のカバーグラフィック

一人出版社のつくり方
構想から立ち上げ、運用まで、苦難の道のり(2014〜2016年)

「一人出版社のつくり方」は、2014年の秋から2016年3月まで、一人出版社が実践してきたことを講義形式で収録したスクリーンキャストです。映像「第一章〜第三章:1時間50分」と音声「第四章:23分52秒」、スライド資料、ドキュメントなどのデータで構成されています。
媒体力をもたない小さな一人出版社がどのようにコンテンツの魅力を伝え、どういう方法で売ってきたかを解説しました。デジタルコンテンツビジネスの実践例として、参考にして頂けたら幸いです。


重要なお知らせ

「一人出版社のつくり方」は、シンクゼロマガジンのサブコンテンツになり、一人出版社のコンテンツ関連データ(企画資料、ランディングページ・プロモーションページのデータなど)を追加します。
一旦、販売終了し、追加データを含む法人向けのコンテンツとなり価格は2,000円に変更されます(※個人の方でも購入できます)。
販売終了については公式アカウント、およびブログでお知らせします。


 

Muse CC 2015 導入ガイド[固定幅編]のカバーグラフィック

Muse CC 2015 導入ガイド[固定幅編]
マウスドラッグだけでつくるアダプティブWebデザインのワークフロー

Adobe Muse CC を習得するための学習コンテンツです。[固定幅編]は、レスポンシブWebデザインの基礎、固定幅と可変幅の特性の違い、固定幅の基本ページ作成に絞って学習していきます。

電子書籍(Part-1〜3)とレッスンデータ、講座ビデオ(Part-4/40分)、完成データなどがセットになっています。


 

Dreamweaver CC 2015 と「Bootstrap」によるレスポンシブWebデザイン[実践編]のカバーグラフィック

Dreamweaver CC 2015 と「Bootstrap」によるレスポンシブWebデザイン[実践編]
CSSデザイナーとDOMパネルを活用したライブビュー・ワーク

「Dreamweaver CC 2015.2 と「Bootstrap」によるレスポンシブWebデザイン[実践編]」は、スクリーンキャスト(講義ビデオ/2時間40分)とレッスンデータ、完成データで構成されています。「Dreamweaver CC 2015.2 によるレスポンシブWebデザイン[基礎編]」で基礎を学んだ方を対象としています。

学習時間は2時間40分! Bootstrapを自在に操るライブビュー・ワークを身につけましょう!


 

Dreamweaver CC 2015.2 によるレスポンシブWebデザイン[基礎編]のカバーグラフィック

Dreamweaver CC 2015.2 によるレスポンシブWebデザイン[基礎編]
CSSデザイナーとDOMパネルを活用したライブビュー・ワーク

「Dreamweaver CC 2015.2 によるレスポンシブWebデザイン[基礎編]」は、スクリーンキャスト(講義ビデオ/1時間11分)とレッスンデータ、完成データで構成されています。

コーディングせずに、本格的なWebページを作成するスキルを身につける。Dreamweaverライブビューの基礎を完全習得!


 

「Photoshop CC 2015 Webデザインワーク」のカバーグラフィック

Photoshop CC 2015 Webデザインワーク[実践編]
最新の機能を使いこなして効率的なワークフローを習得しよう!

Adobe Photoshop をWebデザインで活用するための学習コンテンツです。カリキュラムには、DreamweaverやMuseなどのWebデザインツールとの連携作業の習得が含まれます。

※この学習コンテンツは、2015年にリリースを予定していた「Photoshop実践編 デザイナーのためのデザイニング・イン・ザ・ブラウザ」をPhotoshopの最新バージョンにあわせて再構成したものです。
Dreamweaver基礎編 デザイナーのためのデザイニング・イン・ザ・ブラウザ」(現在は販売終了)を購入された方には無償で提供されます。リリースと同時に購入者ページに情報が掲載される予定です。


 

シンクゼロマガジンのカバーグラフィック

THINK ZERO MAGAZINE | 一人出版社 全記録

THINK ZERO MAGAZINE(シンクゼロ・マガジン)は、一人出版社「Creative Edge School Books」をコンテンツ化した特殊な商品、コンテンツビジネスの実践をリアルタイムでお伝えしていくライブドキュメントです。


一人出版社が企画・制作・販売した全てのコンテンツ(販売終了した過去のコンテンツを含む)を利用することができます。また、2016年7月までは、新たにリリースされた新作コンテンツも追加されます。


シンクゼロマガジンのコンテンツチャート


 

「「経験知」を獲得する力・伝える力」のカバーグラフィック

「経験知」を獲得する力・伝える力
リーンとアジャイル、デザイン思考を組み合わせる

一人出版社 Creative Edge School Booksが、法人向けに提供しているオンライン講座。「実践知(practical wisdom)」がテーマ。環境の変化に適応するための知識、思考、行動、価値観などをどのように獲得していけばよいのか考えていきます。リーンとアジャイル、デザイン思考の概要を大まかにつかむことを目標としています。

6本のスクリーンキャスト(2時間3分)と講義で使用したスライド資料、教材のヒストリーシートで構成されています。


「「経験知」を獲得する力・伝える力」の販売ページのスクリーンショット


 

「認知症ケアと予防のためのアプリ開発・ソリューションについて考えてみませんか?」のカバーグラフィック

認知症ケアと予防のためのアプリ開発・ソリューションについて考えてみませんか?

このコンテンツは、知症の予防、認知症ケアに役立つ仕組みづくりができないか、皆さんと考えてみたいという趣旨で企画されました。認知症については、まだ誤解が多く、全体像を把握していない方が多いのが現状です。今回のオンライン講義は、55分で学べるように構成されています。
5本(各10分前後)に分割されていますので、空き時間などを利用して、ご覧になってください。


 

フリーダムパブリッシングのカバーグラフィック

ウェブ時代の「一人出版社」論
フリーダムパブリッシング

本書は、一人出版社「Creative Edge School Books」の立ち上げから一年間の記録と、数々の失敗体験から得たノウハウなどを「つくる」「リリースする」「届ける」の3つのパートに分けて、まとめています。何かを習得するための本ではありませんが、一人出版活動の思いが伝わり、新しいヒントを届けられたら幸いです。


販売終了するコンテンツ

 

旧・一人出版社のコンテンツは、旧・ホーム(※更新停止しています)をご覧ください。

すでに販売終了したコンテンツと、これから販売終了するコンテンツを掲載しています。最新情報は、Twitter公式アカウントでもお知らせします。




販売終了後も購入者ページはそのまま残ります。また、一部のコンテンツについては、補足情報や追加コンテンツを提供しています。

アップデートされないコンテンツは、一般公開を予定しています。現在、「スマホコミックを作ろう! 基礎編」の一般公開を予定しています。公開日については、Twitter公式アカウントニュースレターでお知らせします。


更新日:2016年4月15日(金)




一人出版社の情報発信

日々の情報発信

Twitter公式アカウントです。一人出版社に関する情報、および関連ニュースなどを毎日投稿しています。最も情報が速く、アクティブな媒体になっています。


ブログ

Twitter公式アカウントと連動した、一人出版社のメインのブログです。より詳細な情報を掲載しています。コードゼロなどの緊急情報も投稿しています。「eBook Strategy Magazine」は更新を停止していますが、過去記事の閲覧は可能です。


マイクロブロギング

現在進行中の長期プロジェクトと連動したTwitterアカウント(埋め込み用)です。期間限定でプロジェクトに関連したニュースなどを投稿しています。

  • 不定期更新:@thinkzine(THINK ZERO MAGAZINE)
  • 不定期更新:@cesb_ideanote(Creative Edge School health)

テキストキャスティング

学習コンテンツ(Dreamweaver、Museなど)のサブコンテンツとして更新しています。テキストキャストとは、テキストと図版で構成したオンライン講義のことです。


Pinterest

※Instagramに変更しました。
グラフィックリソースとなるビジュアルイメージ、一人出版社のビジュアル素材などを投稿しています(更新停止中です)。


ポッドキャスト

一人出版社の活動、デジタルコンテンツビジネスに関連した話題を配信しています(以下は、iTunesのリンクです)。


取材ブログ

※現在、取材中のため更新を中断しています。閲覧は可能です。


ニュースレター

一人出版社の活動、デジタルコンテンツビジネスに関連した話題を配信しています(以下は、まぐまぐのリンクです)。


YouTube

一人出版社の学習コンテンツ(講義ビデオ、スクリーンキャスト)を投稿しています。


Facebook Page

一人出版社のコンテンツに関する情報を投稿しています。電子出版に関する情報は過去の投稿をご覧ください。


Facebook(個人)/LINE/LinkedIn

Facebook(個人)およびLINEは、プライベートで使用しているため非公開になっています。
LinkedInは、一人出版社のビジネス専用のSNSとして利用しています(非公開)。



ご連絡:ebookcast@gmail.com
日々の情報発信:@commonstyle
更新日:2016年4月14日(木)/投稿日:2015年9月30日(水)


デジタルクリエイティブ関連

 

デジタルクリエイティブの新しいコンテンツ

「Muse ビギナー・チュートリアル(Muse Tutorial for Beginners)」全16回と「Dreamweaver CC 2015 によるレスポンシブWebデザイン」の番外編を公開中です。

Dreamweaverのコンテンツは、ここで素材データをダウンロードできます。Museのコンテンツは、専用ページが用意されています。



投稿日:2016年5月19日(木)

Muse/Dreamweaverの最新コンテンツ

Muse、Dreamweaver、Animate、Photoshopの電子書籍、講座ビデオを順次リリースしています。

デジタルクリエイティブ情報ページ


Muse, Dreamweaver, Animate | Creative Edge School Books


更新日:2016年4月14日(木)

ライブ放送

放送日:2016年2月25日(木)午後8時〜
#117 Adobe Muse CC特集 | Creative Cloud 道場

※放送は終了しました。

番組で使用したデータは「Muse Academy(ミューズアカデミー)」でダウンロードすることができます。

Muse Academy


更新日:2016年2月26日(金)



Muse Academy サイト進捗情報

Muse Academy(ミューズアカデミー)は、Adobe Museを学び、実践するためのラーニングサイトです。Museを習得するための学習コンテンツを公開しています。今まで単独で公開してきたMuseの学習コンテンツは、全てこちらのサイトにまとめられます。



11月11日に東京ミッドタウンホールで開催された「Adobe Live 2015 Best of MAX」のセッション「デザイナーのためのMuse五原則」(+スペシャルプレビュー)で使用したサンプルデータなども公開しています。

Muse Academyのコンテンツおよびサンプルデータ情報

現在準備中のMuse Academyサイトの正式公開後、ここに掲載されている情報は削除されます。ブックマークは、Muse AcademyサイトのURLを登録してください。


  • お知らせ:
    公開しているオンライン講座の素材データで、リンク切れになっているものは、ドメインの消失が原因でした。ダウンロードURLの「admn.mobi」を「admn.heteml.jp」に変更しなければいけません。例えば、http://admn.mobi/demo.zipなら、http://admn.heteml.jp/demo.zipに変更することになります。ダウンロードリンクを右クリックして、一旦どこかにコピーし、「admn.mobi」の部分を「admn.heteml.jp/」に変更することで、ダウンロード可能になります。現在、確認できた箇所から修正をしています。



更新日:2015年11月27日(金)

Project 2016 - 2019

長期プロジェクトの進捗報告

長期プロジェクトの進捗報告は、ブログサービスを使用したマイクロブロギング「シンクゼロマガジン・ライト版」で引き続き、更新しています。リリースするコンテンツの詳細や追加コンテンツのお知らせ、一人出版社に関する情報、オリジナルの記事コンテンツなどを掲載しています。こちらの「ホーム」で更新していた進捗報告は、「アーカイブページ(2015年11月3日〜12月30日)」で閲覧することができます。

投稿日:2016年4月14日(木)


アーカイブ:タイトル一覧ページ[2015年11月・12月

※2016年以降は「シンクゼロマガジン・ライト版」で更新中です。

日別アーカイブ:
2015年:11月3日4日5日6日7日8日9日10日11日12日13日14日15日16日17日18日19日20日21日22日23日24日25日26日27日28日29日30日
2015年:12月1日2日・3日4日5日6日7日8日9日10日11日12日13日14日15日16日17日18日19日20日21日22日23日24日25日26日27日28日29日30日


Creative Edge School Books

一人出版社は全てのプロセスを一人でこなす小さなインディペンデント


Creative Edge School Books(クリエイティブエッジスクールブックス)は、コンテンツの企画から取材、執筆、編集、オーサリング、ストアの運用、販売、プロモーションなどのすべてのプロセスを一人でこなしている「一人出版社」。「本をつくる」出版社と「本を売る」本屋さん、そして誰でも自由に参加できる「学びの場」の3つを融合させたプラットフォームになっています。
2014年の秋にスタートし、一年経ったばかりの小さなインディペンデントです。同年1月から、チーム制のデジタル専門出版社の準備を進めていましたが、紆余曲折あり、一人だけの出版社になりました。

Creative Edge School Booksが販売している通常のデジタルコンテンツは、6ヵ月で販売終了し、2〜3ヵ月の準備期間を経て、一般公開されます(シンクゼロ・マガジンのようなスペシャルコンテンツは対象外)。無料化したコンテンツは「学びの場」で公開し、利用者から意見や感想、要望をもらって、新しいコンテンツに反映していくというビジネスモデルになっています。現在はクリエイティブ分野が中心ですが、今後はビジネスや社会分野のコンテンツを充実させる予定です。 また、一人出版社ではデジタルコンテンツだけではなく、「Creative Edge School Books」本体も売り出し中です。


投稿者:境祐司(Creative Edge School Books)
ご連絡:ebookcast@gmail.com
情報発信:@commonstyle
更新日:2015年10月17日(土)/投稿日:2015年9月30日(水)


デジタル専門の「一人出版社」という生き方

一人出版社「Creative Edge School Books(クリエイティブエッジスクールブックス)」は、デジタル本やウェブキャスト、オーディオブックなどの企画、執筆、編集、制作、ストアの運用、販売、マーケティング、プロモーションなどを「一人」で実践している小さなインディペンデントです。まだ、1年7ヵ月の実績しかありません。

一人出版社のスローガンは「フリーダムパブリッシング」、信条は「実践は理論に勝る」。小さく、でも素早く。
コンテンツの企画段階から、専用ページを公開し、必要最小限のコンテンツをリリースし、初期ユーザー(読者や受講者)からフィードバックをもらって、再考、またリリース、と何度も繰り返す、リーン/アジャイルの手法をデジタルコンテンツのビジネスに応用しています。

一人出版社の仕事は3つあります。1つはデジタルコンテンツの企画・制作・販売で、Creative Edge School Booksの運営。もう1つは、一人出版社の上位目標である「オープン・エデュケーション」を実現するために進めているウェブキャストとそのアーカイブです。そして、10月から取り組んでいる「購入者ページのウェブマガジン化」が3つ目の仕事になります。

「購入者ページのウェブマガジン化」は、コンテンツを購入された方にウェブマガジンを提供するという試み。2016年の夏までに、オープンソースのeラーニングシステムMoodleを利用した購入者向けプラットフォームを構築する予定です。


現在進行中のコンテンツは、医療とロボティクスをテーマにしたコミック「ZEROROBOTICS」と「シニア出版社構想」の2つ。まだ、取材活動を進めている段階ですが、ティーザーページはすでに公開しています。


一人で全ての作業をこなすのは大変なことですが、現在のウェブテクノロジーを駆使すれば「不可能ではない」と信じ、毎日知恵をしぼりながら、リリース・学習・改善・リリースと、小さく、小さく、でも迅速に、何度も、何度も繰り返しながら、デジタル専門の一人出版社のスタイルをつくっています。



一人出版社の仕事-1

一人出版社のライブマガジン「Think Zero Magazine(シンクゼロマガジン)」「GCDeMO Magazine(ジーシーデモマガジン)」

一人出版社の仕事-2

一人出版社のコンテンツ・ストア「Creative Edge School Books(クリエイティブエッジスクールブックス)」(旧Creative Edge Store)

一人出版社の仕事-3

一人出版社のウェブキャスト「Creative Edge School Books - Webcast(クリエイティブエッジスクールブックス・ウェブキャスト)」

Creative Edge School

Open Education Platform - Creative Edge School Books